ふるさと納税とは

ふるさと納税って?について書きます。分かりやすい図があります。

【上記の例】

年収600万の人が2016年にふるさと納税をした場合。(所得税20%住民税10%) 

2年にまたいで考えないといけません。

【左図】 1年目の税金は180万。2年目も180万。もらえるものなしです。

ふるさと納税をしない場合は。 2年で計360万を払うだけです。

【右図】ふるさと納税をした場合は?

1年目は68000円多く払うことになります。(寄付額が68000円の場合)

2年目に「2016年に余計に払った額から2000円引いた額が2017年に控除」されて

2年目は(この場合68000円引く2000円=66000円が控除額)

173万4000円が税金になります。

つまり↓

2年で考えると何もしないならば計360万払っただけ。

ふるさと納税をすると360万2000円を2年で払うことになります。

2000円多い。。。?!

しかし、

例えば68000円の6万だけ見ても、1万円の寄付が6か所にできます。

6か所から返礼品が届きます。

プロフィール:ふるさと納税して少しでも家計の助けにしたい40代のオヤジです。豪華な返礼品生活を目指してま~す。

 

 

ページトップへ